2009年03月23日

『田宮模型の仕事』 田宮俊作

ミニ四駆で有名なタミヤ!
日本の木製模型屋が
世界のTAMIYAとして名を馳せるまで。

模型が好きということ、
細部までのこだわり、
そして実物への想いの投影。

ソ連戦車の実物が見られる!という情報があれば
中東戦争直後のイスラエルまで駆けつけます!
冷戦最中、ソ連大使館に戦車の資料が欲しいと
嘆願して、警官に目をつけられたり…。

なんだかおもちゃに夢中な男の子そのままで、
頭をなでたくなっちゃいます。

読めば「とことん力」、アップです。

『田宮模型の仕事‐木製模型からミニ四駆まで』
田宮俊作
ネスコ発行・文藝春秋発売
posted by みおちく at 10:27| Comment(0) | 読書の感想☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。